ID綜合調査事務所 > 悪徳業者の手口を公開

悪徳業者の手口を公開!!

パソコンや携帯で検索時、スポンサーサイト(有料広告)で、上位に派手派手しい広告を良く目にします。 この広告費だけでも年間(億)単位を投資していると推測されます。

当然ですが、サイト構築にも莫大な費用が投資されていますから悪い印象を持つ方は少ないはずです。 またそういった探偵社に電話やメールで質問してみると、手慣れた応対で印象も良いことでしょう。

しかし、ここに落とし穴があることを相談者(依頼者)は気づきにくいはずです。

実際に調査依頼となれば『探偵業法上』面談が必要となり、『重要事項説明書』『調査委任契約書〈以下、調査契約書と記載〉』の説明と、記入・捺印が必要となります。
この調査契約書の約款は小さな文字で記載され、面談時に見過ごしてしまう方が大半だと思いますが、当初から人員5名以上で調査を行う見積もりをされれば、誰でも高いと気づくため、調査契約書にサインする方は少ないはずです。
1日8時間で30万円以上、諸費用を含み3日24時間で100万円以上の高額な調査料金となります。
探偵業界の裏側は、宣伝を派手にすることで大きく構えているように見せて調査依頼の数を取り、貴方の案件を下請けへ丸投げするケース(基本的に私立探偵2名へ下請けさせている)が大半ですので、 架空請求3名分の時間毎調査料金と、私立探偵(2名)へ支払う時間単価¥2,500~¥3,000程度の残時間給をピンハネして利益を図るものです。

イメージ写真

業者によっては下請けさせている私立探偵に調査報告書まで作成させて、表紙と取扱規定のみ自社屋号で作成し、如何にも自社で調査を行い成功したように報告しているのです。

すなわち、顧客となる相談者(依頼者)からは高額な調査費用を支払わせなければ莫大な宣伝広告費や一等地に複数借りている高額な家賃の支払い、電話応対や面談員(相談員)等の人件費を支払わなければならないため大手探偵社は維持できないこととなる訳です。
真逆に相談時に細かな質問をして『費用を出しそうもない客』と見抜かれると、調査依頼を断られることがあるそうです。

相談者(依頼者)が支払わされる高額な調査料金

例)1時間¥8,000×5名¥40,000で1日8時間×3日計24時間=¥960,000の内訳
※私立探偵の時間給は1時間1名¥2,500 (2名1時間¥5,000)で算出しています。

【調査費のみ総額¥960,000内訳】

架空請求利益
(人員3名分)
60%¥576,000

大手探偵社の報酬
¥840,000

(私立探偵)からの
ピンハネ時間給
31.67%
¥264,000

私立探偵時間給
8.33%
¥120,000

【当社で3日24時間調査を行った場合】

1時間1名¥6,000×2名×24時間
=¥288,000(税抜価格)

その差歴然!
1/3以下の調査費用!!

グラフを見てお分かりの様に、下請けする私立探偵は労力にしかならず、利益等はありません。

元請けとなる大手探偵社は、悩みを抱えた依頼者との電話やメールでの応対、出張面談での人件費と交通費、報告業務での経費となりますが、実際に現場で調査を行う下請け(私立探偵)の報酬の約12倍となります。※更にそれ以上も有り

裏側のカラクリは悩む相談者から話を聞き、調査を行う様仕向け、一番肝心な調査は下請けの私立探偵へ丸投げして、調査業務を転がして利益を得ている訳です。

安く使われる私立探偵の仕事は、現場で調査するだけで終わりではありません。

イメージ写真

撮影した映像をキャプチャ、動画編集(必要なところだけを連結させ、PC・DVDへ焼き付ける作業)・調査報告書の作成・立替経費の算出・報告の添付や郵送・大手探偵社への請求書の作成・その他添付資料等の作成・・・ ただ張り込み、追いかけ、撮影しているだけではないのです。
また、昼夜に関係なく現場に出ながら、自社への問い合わせや別案件の委託等の応対もこなしているのです。
大手探偵社と(下請けをメインとする)私立探偵は、どちらが報酬を多く貰うべきだと思いますか?
今に始まった訳ではありませんが、どの稼業にも楽して儲ける仕組みがある限り、若手の探偵(労力と報酬が合わない)は育たないとの説も否定できないのが現状です。

自身が問題を抱え悩んでいることを逆手に、探偵業界のカラクリがこの様な状況だとすれば、貴方は『大手探偵社』と『私立探偵』のどちらへ依頼したいですか?

【大手探偵社】が高額請求する理由・・・

大手探偵社が高額請求する理由
莫大な宣伝費を回収するため
一等地に借りている架空事務所の家賃回収
親切そうに見せて利益追求
莫大な人件費と維持費の支払い

では一般に【私立探偵】だから本当に大丈夫なのでしょうか?
答えは【NO】です。

私立探偵を名乗る業者の中で、専業で食べて行けている者は極僅かです。

半数以上が副業といっても過言でないでしょう。取りあえず看板だけだしておき、調査が入った時だけ請け負い、普段は別の稼業を行っている者も少なくありません。

私立探偵でも浮気調査(素行調査)の時間単価はまちまちで、1時間1名¥2,500~¥18,000と記載されていますが、専門家の間では素行調査の適正価格は1時間1名¥7,000前後と言われています。
では時間単価の安い(1時間1名¥2,500)や(1時間1名¥4,000)等と記載している業者を例に見比べてみましょう。

適正価格の1時間1名¥7,000と比較すると、断然時間単価は安いと言えます。
しかし、背景として別途基本料金¥30,000(1回調査を行う毎に発生)や、調査報告書作成費(1~8万円)、機材使用料(1~3万円)、車両使用料(1~2万円)、深夜割増(2~3割増し)、特急料金(急な要請時3~5万円)、 別途成功報酬(10~60万円※高額注意)、調査延長時の繰上単位が(当社では30分単位)ですが(1~2時間以上または4~8時間パック縛り)等、安く見せて実は利益追求型という私立探偵も多く存在します。
入口は安さを売っていますが、実際は高額請求といった大手探偵社モドキの私立探偵も多く存在します。
後に料金トラブルの多くが『言った・聞いた』等では何とでも言えますので、十分に『調査契約書』の内容や約款を読み直して不審な点は無いか、分からないところは質問して内容をよく理解してから調査契約書にサインしましょう!

調査を依頼して、本当に決定的瞬間の確実な証拠が取れる調査力がその業者にあるのかどうかは、話をしただけで知ることは不可能です。
安くて上手いのが一番ですが、報告書のサンプル画像や暗闇でも鮮明に対象者の顔が写せているか?
難しいとされる背任・横領・詐欺事件等の調査経験等も豊富かどうか?等を良く確認しておきましょう!

高額なキャンセル料請求被害も後を絶ちません!
安易に調査契約書へサインしてしまうと、調査を行う前のキャンセルであっても見積り額の30%・40%等の高額なキャンセル料を請求される被害が多発しています。

失敗しない探偵社・興信所選び

これからお伝えする詳細は、実際に高額請求被害に合われ、数軒目で当社へ辿り着いたお客様からの声を基に作成しています。失敗しない優良な探偵・興信所選びの参考にされて下さい。

  • 実際にあった手口
  • 当社からのコメント
  • 詳しく解説
「電話応対者が親切だったから」大丈夫だと思って!・・・
電話応対係と調査力や明朗会計は全く無関係です。
商売ですからどの業者でも親切にします。
調査はスピードが大事。早くしないと日々エスカレートして家庭崩壊してしまいますよ!等と調査を急かされて不安になってしまい・・・
浮気はガンと同じで早期発見・早期解決が一番と言われ、時間が経過すると悪化するから早く調査する様に勧められて・・・サインしてしまった・・・
今日・明日を急ぐような計画性の無い調査依頼は、失敗や後悔を生み出す原因となります。調査依頼には計画性と時間に余裕を持って相談しましょう!
遠距離恋愛などでめったに会わない場合など、急な要請等のケースでは急ぐことも大事ですが、ほとんどの浮気や不倫では交際が持続しているケースが大半です。複数人交際相手が居るケースで、たまにしか会わない本命と急に会う・・・等は特例です。
慰謝料請求は、相場より高額な金額が請求出来ると言われ、証拠を取らなければ請求ができないと急かされて・・・
余程の特例でない限り慰謝料には相場があります。確かに証拠が無いと言い訳が利き、戦いにならないでしょう。
しかし、テレビに出たから?マスコミで取り上げられたから?は良く見せるための演出に過ぎず、実態は異なる場合が大半です。
大手探偵社の過半数以上が、『私立探偵』へ安く下請け業務させている事実も表面上からは一切分かりませんし、宣伝費や維持費に多くの資金を掛けられない私立探偵は、昼夜に関係なく寝不足で汗水流して自身の技量を発揮しても、当然大手探偵社の屋号で調査報告書が提出されますので、私立探偵の手柄は大手探偵社の手柄とされます。
懸命な調査を行って成功しても、安い時間給で請け負う私立探偵は労力に対する報酬にしかならず、莫大なピンハネ額で利益追及する大手探偵社にしか利益が出ないというカラクリは、顧客側が知る余地もありません。
慰謝料は婚姻20年でも、200万円位が相場です。
『悪質な場合上限300万円程度』と言われていますが、すんなり支払って貰えるとは限りません。
派手派手しい宣伝やホームページを見て相談したら応対が親切だからといってすぐに決めるのではなく、その業者の本質や費用面でも誠実かどうかを見極め、慎重に優良な探偵を【見つけ出し】ましょう!
昨今の手口では、自社で『良い口コミサイト』を作成し『お勧め探偵社』等と表示して、問い合わせに導く『誘導サイト法』も多く見かけます。
相談はメールだけでやり取りすることは構いませんが、面談は自宅や勤務先近くの喫茶店やファミレス等で行う行為は大変危険です。
何故かというと、大手探偵社の本社は人口密度の多い首都圏「東京都内」・「大阪府内」若しくは隣接県(神奈川・埼玉)等に本社があり、その他の○○相談室と記載されている「支店や相談室」等は、相談者に少しでも近く見せるための「架空事務所」となっていることが大半です。
その地方相談室には常勤している人員はなく、面談用ソファー・机・本社へ転送された固定電話等が設置され、面談の時に面談員がその都度現れるものです。
当然ですが面談には手慣れた面談担当員が2名程で現れます。スーツ姿で好印象は当たり前ですので、悪い印象を持つ方は少ないでしょう。
悪い印象を持たせば、無料相談と言っている訳ですから、掛かった交通費や面談員の給料も出なくなりますので親身に話を聞いてくれますが、こうなると面談を得意とし、手慣れた様子で調査契約書にサインさせることを目的とする業者側の本質を見抜くどころか、手慣れた業者側に依頼者側の心理を見抜かれてしまうこととなります。
肝心な調査力(気づかれずに成功できるのか?)はそっちのけで、業者側は調査料金が水増しできる様、記載した人員数を変更させて利益を得ようとします。
悪徳業者・ボッタクリ探偵社の多くは、調査開始後に『相手が警戒しているから人員を増やさないと調査は難しい』等と言って人員数を変更させる手口が多い様です。
実際は私立探偵2名で行っているのですが、5名分以上の時間単価を請求される被害が多発しています。
例えば1時間1名の素行調査単価が¥8,000で8時間調査を行った場合、
通常2名であれば¥8000×2名×8時間=¥128,000となります。
これを3回行うと述べ調査時間24時間で¥384,000となります。
もし、大手探偵社の言う5名で請求されたら、1日8時間の素行調査時32万円でこれを3回行い、述べ調査時間24時間で96万円となります。
実際に時間単価は大手探偵社となると¥7,500以上となるケースが多く、調査料金だけで24時間100万円前後を請求されることとなります。
例え、1時間単価が¥6,000だとしても、警戒しているから人員を3チーム(6名以上)にする必要がある等と言って請求されれば、それ以上の高額請求が待ち伏せているのです。
通常、調査料金の他に、諸経費(実費なため水増しが横行)・調査報告書作成料(1~8万)・車両使用料(1~2万)・別途成功報酬金(10~60万※高額注意)・相談料金が有料もあり・調査延長時の繰上単位が『当社では30分単位』ですが、『1~2時間以上または4~8時間パック縛り』等、不透明な請求がかさみ、実際に高額な調査料金を請求されてしまうのです。
業者の言い分は、指定日に調査を行ったこととなっているが、報告書や画像等の一切の提出物がなく、同日は不貞していない等と言い逃れされ、調査費用のみ支払わされる被害や、調査前の着手金を高額支払う様に仕向け、着手後の調査を一切していないといった被害も多発しています。
高額な着手金を先に支払ってしまうと、調査をきちんと行っているか分からない依頼者側にリスクが生じます。
これは悪徳業者の代表的な事例ですが、仕事をする前にまとまった着手金を得てしまうと動きが悪くなる、人間の特性と考えられます。
面談を喫茶店やファミレス等で行えばその業者の本質は知ることはできず、依頼する側は表面上その面談員しか見ることができないため、 調査力・自社で調査を行うのか?調査担当者の姿勢・撮影機材等豊富に所持しているのか?難易度が高い調査となり得る場合成功できるのか?水増し請求等は本当にないのか?専業で業務を行っているのか?副業ではないのか?腕は良いのか?失敗したらどうなるのか?等・・・
見抜くどころか、真逆に「この客」は費用はいくら出せるのか?貴方が感情的仕草を出せば業者の『思う壺』となってしまいます。
『失敗しない』調査会社選びに必要不可欠なことは、その業者の本質を知るため、規模の大小や宣伝で選ぶ事が望ましい訳ではありません。
面倒でもアポを入れ、その事務所へ訪問し、常勤している様子があるか?機材等は豊富に所持しているか?調査報告書の事例を見せて貰い、肝心な撮影力や報告内容は離婚調停や裁判で勝てる作成力があるか? 人員数や張り込み場所・調査員の配置等で気づかれてしまう危険性はないのか?依頼する調査を現場担当する調査員を紹介または面談時打ち合わせに参加しているか? 調査契約書の約款は業者側に有利になる様に細工されていないか?等、うるさい客と思われても調査費用を支払うということは、少なかれ決して安い金額ではないはずですので慎重に探ってみましょう!

安心してご利用頂くために

初めて依頼を検討されている方を含め、下記の様な不安が多くあるかと思います。

  • ・自身の窮地を任せて大丈夫かどうか?
  • ・依頼は誠実に対応し、動いてくれるのか?
  • ・腕は確かか?
  • ・撮影機材や撮影力・調査報告書の内容等も本当に大丈夫なのか?
  • ・記載していると通りの料金なのか?

・・・等心配や気になる点が多々あるかと思います。

当探偵社(ID綜合調査事務所)ではホームページで紹介している内容を一人でも多くの方へお伝えするため、
初回限定『お試しパック』が格安でご利用頂けます。
詳しくはこちらをご覧下さい。

お試し4時間パック

メールでのご相談はこちらから!!